Blog

神戸のイラスト教室「絵話塾(かいわじゅく)」を修了しました

  • 2018 / 06 / 12
  • この記事は約4分で読めます。

わたしごと 神戸のイラスト教室「絵話塾(かいわじゅく)」

先日、2017年6月から通い始めた神戸のイラスト教室「絵話塾(かいわじゅく)」を修了しました。
せっかく約1年間イラスト教室に通ったので、イラスト教室に通うことを決めたきっかけ〜実際に通ってみてどうだったかを書いておこうと思います。

イラスト教室に通うきっかけ

私はもともと絵を描く習慣はなかったのですが、Webサイトのデザインをする際、挿絵や解説のイラスト等を自分で描けたらなという憧れがあり、イラスト教室に通うことにしました。
 
イラスト上達にとって、教室に通って先生にアドバイスをもらうことは大事ですが、一番はたくさん描くことです。そして、たくさん描くことは教室に通わなくてもできます。
私も最初は空き時間に自宅で描こうと思ったのですが、私のように描く習慣がない人にとっては、まず何をどう描いていいのか分からず、結局描かない時期が続いたため、イラスト教室に通うことにしました。

「絵話塾」に決めた理由

私は神戸に住んでいるので、神戸か大阪のイラスト教室をと思い検索したところ、イラスト教室の少なさに驚きました。
絵画教室は結構な数あったのですが、イラスト教室と銘打っている授業がある教室は、私の家から通うことを考えると、2つしかありませんでした。
1つは「絵話塾」、もう1つは梅田にある某美術教室でした。
 
2つの教室の1番の違いは、クラス制か個別指導かでした。2つとも体験教室に行ってみたのですが、毎回生徒1人は、まずイラストを描くことを楽しむことから始めたい私の場合、モチベーションが続かないと思い、クラス制の「絵話塾」に通うことを決めました。
 
入塾してから知りましたが、「絵話塾」の他の受講生に聞いたところ、「授業を受けたい先生がいるから」「先生が豪華だから」という回答が多かったです。
イラストレーターに疎い私は知らなかったのですが、1番の違いは先生の豪華さだったようです・・・。
 
なお、私はイラストコースに通っていたのでイラスト教室と記載していますが、「絵話塾」はイラストの他に、絵本やデッサン、リトグラフのクラスもあり、絵本コースが一番有名みたいです。
 
ちなみに、イラスト初心者の私は、「イラストベーシック」に通いたかったのですが日時が合わず、「イラストじっくり」に通っていました。
 
絵話塾
http://galleryvie.jp/kaiwajuku/k-info.html

「絵話塾」の授業内容

一口にイラスト教室の授業といっても、言葉通りイラストを描く授業〜染め物をしたり立体をつくる授業まで様々でした。
 
以下は授業内容の一例です。
自画像やクラスメイトの似顔絵を描く
与えられたお題についてイラストを描く
お気に入りの本の表紙を描く
レトロ印刷でリーフレットを作成する
自分のイラストで缶バッジをつくる
カッティングシートで食器にイラストをつける
砂絵を描く
藍染をする
ラドールで立体作品をつくる
など
 
詳しい授業の内容は「絵話塾」の公式ブログに記載されていますので、興味がある方は是非読んでみてください!
https://blog.goo.ne.jp/kaiwajuku

「絵話塾」のイラストじっくりコースを修了して

他の受講生がプロを目指していたり美大・芸大卒の方が多すぎて、最初の頃は他人の作品と比べて落ち込みもしましたが、皆さんそんなこと気にせず優しくて楽しくて、通ってよかったなと思います。
 
「絵話塾」イラストじっくりコースの、特に良かったなと思うポイントをまとめてみました。
いろいろな先生の授業を受けられた
小中学生の時の図工や美術の時間にやった覚えのある懐かしい授業〜初めて取り組む内容の授業まで、自分1人ではなかなかやろうという発想に至らない授業を受けることができた
宿題をする時間や授業等、定期的にイラストを描くきっかけができた
イラストについて話せる仲間ができた
授業の後ほぼ毎回近くのごはん屋さんで先生参加の食事会があり、授業で聞き逃したことを質問できた
 
 
 
5月20日には卒業展も終わり、また絵を描く機会が減りつつありますが、ちょこちょこ書き続けたいなと思います!

KFNO
大阪でデザインをしています。Twitter:@kfno_
最新記事
カテゴリー