Blog

写真学校6日目 -作品をつくるまでのアクセス方法・撮影実習

  • 2017 / 08 / 06
  • この記事は約3分で読めます。

写真

今日は波止場の写真学校での6回目、ビギナーフォトクラスの最後の授業でした!

前回の振り返りと疑問点の解消

毎回恒例、前回の授業の感想や疑問点を書くレポートを提出し、先生が読み上げながら疑問点を解消しつつ復習をしました。
私は来週星空の撮影に出かけるので、何か注意点がないか質問し、暗いので足元と不審人物、動物、幽霊に気をつけるようにとのアドバイスをいただきました。
撮影方法はネットで調べていたのですが、安全面での注意点には触れていなかったので盲点でした。幽霊はともあれ不審人物と動物に気をつけて、安全に撮影を楽しみたいと思います!

作品をつくるまでのアクセス方法

何をどう撮るかということを学びました。あまり細かく授業内容を書くと、もし学校にこのブログがバレると怒られるかな、、、と思いながら毎回ボカして書いているのですが、ざっくり書くと「主題」を決めた上で「よく見て」いろんなバリエーションを「たくさん撮る」ことが大事なのかなと思います。

撮影実習

最後は撮影実習をしました。授業は9:00〜で撮影実習をする時間帯も12:00ぐらい〜と外は暑すぎるため、教室でテーブルフォトの練習をしました。
各自持参した小物を主題に、教室にある小物をプラスして撮影をしました。布を重ねたり、絵本の上に小物を置いたり、工夫次第で写真の雰囲気が変わって面白かったです。

写真の講評会

授業の最後には毎回恒例の講評会をしました。
事前にプリントしてきていた5枚の写真と、授業中に撮ったテーブルフォト1枚を見ていただきました。
事前にプリントした写真は一旦パソコンに取り込んで明るさ等調節していたのですが、授業中に撮ったテーブルフォトはSDカードから直接プリントしたため、思いの外暗くなってしまい、もう少し露出をあげておけば良かったです。
カメラの画面で見るのとプリントした写真との差に、慣れが必要だなと感じました。

半年間写真学校に通って

まだまだ改善点は多々ありますが、初回に持参した写真と比較すると、自分でも上達を感じられて意味のある6ヶ月になったなと思います。
写真の基礎を勉強するだけでなく、何気ない質問の中から新たな気付きが生まれたり、写真が好きな人同士で話ができたり、1人で本で勉強するのとは違った体験になりました。
できることなら9月から始まる次の講座に進みたいところですが、6月から週1でイラスト教室に通い始めていっぱいいっぱいになってしまっているので、次の講座はイラスト教室が終わってから通いたいなと思います。
とういうことで一旦授業は今日で終わりですが、9月に学校で開催されるフォトフェスというグループ展に出展するので、作品づくりを頑張りたいと思います!

KFNO
大阪でデザインをしています。Twitter:@kfno_
最新記事
カテゴリー