Blog

写真学校5日目 -シャッターチャンス

  • 2017 / 07 / 09
  • この記事は約2分で読めます。

写真

今日は波止場の写真学校での5回目の授業でした!

前回の振り返りと疑問点の解消

前回の授業の感想や疑問点を書くレポートを提出し、先生が読み上げながら疑問点を解消しつつ復習をしました。
今回は質問が多かったため、4時間授業のうち半分の2時間がこの疑問点の解消に割かれました。
私はレンズの選び方について質問したのですが、焦点距離やF値しか気にしていなかったのですが、カメラとのバランスやAFのレンズがピントを合わせる時の音も選ぶときに気にするポイントというアドバイスをいただきました。

シャッターチャンス

シャッターチャンスを逃さないため、1コマ撮影 / 連続撮影 / セルフタイマー撮影 / ミラーアップ撮影 / リモコン撮影 / 4Kフォト / タッチシャッターといった、各ドライブモードの機能について学びました。
1コマ撮影やセルフタイマー撮影、動画から静止画を切り出す方法しかしたことがなかったのですが、いつか星空を撮ってみたいので、ミラーアップ撮影やリモコン撮影にも挑戦してみたいなと思いました。
また、位相差AF方式 / コントラストAF方式 / 像面位相差AF方式といった、カメラごとに異なるAF方式の各メリット・デメリットを学びました。
 
難しいことはさておき、最終的にはシャッターチャンスに備えて万全の準備をしておくことと、シャッターチャンスが来るまで待ち続ける忍耐力が何よりも大切だそうです。
プロのカメラマンさんでも綿密な下調べをし、準備をしてから撮りに行ってシャッターチャンスを待ち、1回の撮影で何百枚何千枚と撮るというのに、素人の私がよく調べもせずに着いたタイミングで数枚撮るだけでは、いい写真が撮れるわけがないということを痛感しました。

写真の講評会

授業の最後には毎回恒例の講評会ということで、持参した写真を机に並べ、先生に見ていただきました。
6枚持っていき2枚褒めていただけたのですが、そのうち1枚は持っていくか迷った写真でした。最近写真を「撮る」ことだけでなく「選ぶ」ことの難しさにもぶつかっています。
6枚中他の2枚は前ボケに挑戦した写真だったのですが、なぜこのような前ボケにしたのかという理由がない点を突っ込まれてしまいました、、、。
 
 

次回でついに最終回(第6回)なので、授業までにいろいろ試して疑問点を洗い出しておきたいと思います!

KFNO
大阪でデザインをしています。Twitter:@kfno_
最新記事
カテゴリー